大阪 新世界観光!王道・穴場から最新スポットまで!

近年大阪、いや日本の観光名所として栄えている新世界。
しかし多くの名所がある新世界の楽しみ方、また穴場を知らない方は多いのではないだろうか。
この記事では新世界の王道スポットから穴場や最新スポット、また近年の新世界の治安事情までご紹介します。
この記事を読んだあなたは新世界に行きたい感情を抑えられないだろう!!

串カツ

大阪の代表料理の1つ串カツ。日本各地で串カツ店が点在する中、やはり串カツ発祥の地であり串カツの聖地である新世界は別格。
そんな新世界串カツのおすすめ店をご紹介します。

だるま 新世界総本店

関西串カツの産みの親だるま。だるまを食わずして串カツは語れない。

きめ細かいパン粉に油っこくなくさっぱりとした仕上がり。
種類も豊富で中でもプリップリのエビは大人気。1本113円から楽しめてお財布にも優しい。
店員さんもフランクで気さくな方が多く店内の雰囲気も良く居心地がよい。味・雰囲気・値段ともに満足いくお店である。

まずはセットメニューを頼み足りない分は単品で注文していくのが定番。
スピードメニューであり、だるま一押しのトロットロのどて焼きもマストな一品!

また店内の回転率は高く、サッと食べてサッと退店が暗黙のルール。
長時間の滞在はNG。
それも新世界串カツの醍醐味かもしれないですね。

元祖串カツをぜひ、味わってはいかかでしょうか。

営業時間  1:00~22:30(ラストオーダー22:00)
アクセス  大阪府 大阪市浪速区 恵美須東 2-3-9

八重勝

開店から閉店まで並びが出る、ジャンジャン横丁の超人気店。
店内はとにかく活気にあふれ、これぞ人気店といった感じ。

名物はも牛串、白みそだれで煮込まれたとろっとろの牛すじ肉、ぷっりっぷりのエビである。
衣は薄手で高温の油でサクッとあげられており、サラッとしたソース(2度漬け禁止)にからめて食す。
衣は少し甘めなテイストで、何本も食べれる中毒性。。

値段が牛串・牛すじ肉が3本からで1本100円、エビが少し高めの450円となっている。
尚、ビール・酎ハイ類しかおいていないのでカクテル系が好きな方はこの機会に串カツとビールの黄金タッグを味わってみては?

並ぶ価値あり新世界の串カツ番長!

営業時間  10:30~21:30
アクセス  大阪府 大阪市浪速区 恵美須東 3-4-13

ぎふや

大正5年から新世界を支えている老舗。
新世界他の串カツ店と比べてお店自体がかなり大きい。
大きいからこそ、ゆったりくつろぐ事が出来て落ち着いて食べれる。
なので家族で新世界に来られる方などに特におススメ!

さて、本題の料理は
職人が1品1品丁寧に仕上げ牛串は非常に肉厚でソースも絶妙!
どて焼きは味がしっかり染み込み口の中でとろける
居酒屋並みのラインナップ。

季節・旬にこだわり創作料理も多彩な本格的串カツ。
全体的に少し他店と比べ値段は張り
牛串162円  土手焼き 432円  ビール518円と少しお高い値段設定である。

新世界でゆっくり、色んな料理を楽しみながら串カツを食べたい人にはぴったり!
味も文句なしに美味しいのでぜひ!

営業時間  11:00~22:00(日~木・祝日)
      11:00~22:30(金・土・祝前)
アクセス  大阪府 大阪市浪速区 恵美須東 2-5-9

ジャンジャン横丁

新世界の少しディープな最大グルメスポット。

関西人であれば名前くらいは聞いたことはあるだろう。
新世界と飛田新地をつなぐ商店街一帯に位置しており、毎日行列が出来るほど人気であり、特徴は安くてとても美味しい!
それが当たり前なのがジャンジャン横丁!

店も鍋、寿司、串カツ、ホルモン、喫茶店、射的、囲碁・将棋場など幅広く
どれもレベルが高く個性的でとにかく興味をそそられる所ばかり。

1日では周りきれないほど数が多く充実して盛り上がっているので、
家族・友達・恋人どなたと来ても楽しめると思うので一度いや何度でも足を運び、全店制覇してください!

アクセス  大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目4−12

スパワールド

温泉・プール・ホテル・ジム・宴会場など充実したコンテンツにどれもこだわり抜いた満足度の高い夢のような場所。
特にプールや温泉に関しては日本トップクラスの満足度を感じられるだろう。

新世界で昼間遊んで、食べて疲れ切った後は世界レベルでこだわっている温泉で癒され、
まだ遊び足りない方はスパワールド一押しのプールで遊びまくれ!
もう家に帰りたくないという方でも安心、ホテルが併設されているのでゆっくり過ごせます。

プールのこだわりスライダー

子供はもちろん大人も楽しめるのがスパプーの特徴。
また1年中プールが楽しめるのも他とは違う強み!

パニックトルネード

本初上陸のウォータースライダー。
1~4人まで一つの浮き輪に乗り楽しむことが出来る。
全長150mのチューブ内を高速で移動し、
途中チューブのつなぎ目である球体の中で予測不能の展開を味わいフィニッシュとなる。
日本中のプールでは味わえない、速さと迫力を体感するべき!!

続・ぞくぞくバーン

1・2人で遊べる超スリル型スライダー。
何といっても傾斜70度の反り立つ板がインパクト大!

~流れ~
高さ10メートル地点からスタート
       ↓ 
暗闇のチューブを抜け
    ↓
突然の超急降下し
    ↓
角度70度の壁のようなスライダーを駆け上がり
       ↓
真っ逆さまに急降下

料金
・入館料  12歳以上 1200円
      12歳未満 1000円       
・宿泊費  5000円台~
・こだわりスライダー 1人500円 1日乗り放題1500円

営業時間  10:00~20:45
(施設ごとに営業時間異なる。
アクセス  大阪市浪速区恵美須東3-4-24

スマートボール「ニュースター」

新世界ディープスポットの1つで大人の遊び場として新世界の象徴である。
今のパチンコが世に出る前の昔のパチンコであり昭和を感じられる。
もちろんパチンコなので18未満は入場禁止である。

―遊び方―
1. お好きな台を選ぶ
2. 台に100円投入
3. 台の上部から球が25出てくる
4. 出てきた球をレバーで弾いて数字の書かれた穴に入れる
穴に入れば書かれた数字分球が上部から出てくる、つまり穴に入れて球を増やすゲームである。
5・球がなくなれば、また100円を投入して上記の流れを行う。
  球が増えれば景品と交換できる(景品はお菓子、タバコ、ぬいぐるみ など。)

シンプルに見えて意外と奥深いのもスマートボールの特徴。
台ごとに釘の配置が微妙に異なっているので完全に運という訳ではない。
しかし1PLAY100円で楽しめるのでお手軽で尚且つ、昭和の雰囲気そして新世界を味わうことが出来る。

営業時間  10:00~21:30
定休日   月4回不定休
アクセス  大阪府大阪市浪速区恵美須東3-5-19

天王寺動物園

大人から子供まで楽しめる新世界の人気スポット。
日本で3番目の動物園で、なんと大きさ11ヘクタールに1000以上の動物が見ることが出来る。

こだわりは、動物の生息地を可能な限り再現し、動物が暮らす環境に近い中で動物を見ることが出来非常にリアルで臨場感を味わえる点。

またふれあい体験や季節ごとのイベントもたくさん用意されており、
飽きが来ない盛りだくさんなテーマパークとなっている。

料金 大人     500円 
小中学生   200円 
小学生未満  無料
市内に在住の65歳以上の方・市内の学校に在学中の小中 無料

営業時間  9:30~17:00(入園は16:00まで)
休園日   毎週月曜日・年末年始12月29日~1月1日
アクセス  大阪市天王寺区茶臼山町1-108

通天閣

新世界の象徴 通天閣。
おそらく日本人のほとんどが認知しているだろう。
しかしその多くがただ上って綺麗な景色を見るだけでしょ?と思っているのではないか。
それは大きな間違いで通天閣には様々な楽しみ方があります。

B1  わくわくランド 展望券売り場

大手食品メーカーが情報発信を目的としてブースを出しており、限定商品・グッズ・そこでしかゲット出来ない物を販売している。
入場料はかかりません。

2F キン肉マン アーカイヴコーナー チャンチャン町

ここでしか見られないキン肉マンの展示品や限定グッズをゲットしよう!

3F ルナパーク ジオラマ

100年前の通天閣や新世界ののジオラマや写真などが見られます。
またカフェも併設しているので上り下りで疲れた方はぜひ立ち寄ってはいかがでしょうか。

4F  一般展望台

高さ84m。そこから見る景色は言うまでもなく絶景!

5F 一般展望台・ビリケン広場

高さ87.5m。黄金に装飾された内装に黄金のビリケンさん。
世間では“空中のオアシス”と言われている。
新世界の中でもまた際立って異世界となっている。

最上階 展望パラダイス(特別展望台)

高さ94.5m。直径が8.5mしかない特別な空間。
また事前予約15000円で貸し切りが出来るので、恋人や好きな人に告白・プロポーズするにもってこいな空間!

またアイドルのライブや握手会なども行われておりコンテンツが盛りだくさん!
通天閣上部に取り付けられている大時計は日本一の大きさ!

このように通天閣には様々な楽しみ方や見どころがあるので、
まだ行ったことのない方や1度行った方もぜひ新世界の象徴、通天閣に足を運んではいかがでしょうか!

営業時間  9:00~21:00
アクセス  大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目18−6

Wマーケット

新世界の最新スポットWマーケット。
Wとはウィークエンドの頭文字からとっており、意味は週末のフリーマーケットである。
Wマーケットの目的はシャッター商店街を活性化させる事にあるという。

またマーケットの特徴は全ての商品に値札がない事だ。出店者と値段交渉をして商品の値段を決めるといったシステムをコンセプトとしている。
ネット上でボタン一つで物が買える今だからこそ、値段交渉を通して商品をより深く知ってもらい商品の真の価値を感じられる。

売られている商品はハンドメイドや変わったアクセサリーや雑貨などが多く、ここでしか手に入らない商品ばかり。
出店方法もホームページから出店フォームを入力するだけでOK。
場所が新世界のシャッター商店街(新世界市場)で開催されており少しディープな雰囲気で中身の濃い独特なフリーマーケットになっている。

新世界市場は近年ポスター展やセルフ祭りなどが開かれており話題を呼んでいる場所でもあり注目を浴びている。

営業日  毎週日曜日11:00~17:00
アクセス 大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目21-12 新世界市場

新世界=危険?

新世界=治安が悪い・怖いとイメージは昔と比べ減っているが、やはりそのイメージは
現在でも日本人の中に強く残っている。
では本当に新世界は今なお危ない街なのだろうか!?
新世界が危ないと言われる理由はいくつか考えられる。

原因

1. 日本で唯一のスラム街と言われる西成区(あいりん地区)に隣接しているため。
あいりん地区では1960年代から2008年まで計24回もの日雇い労働者(ホームレス)による暴動があり
その地区に隣接している新世界も危ないといったイメージや噂が世間に根付いているため。
行ったこともないのに先入観で判断したり、誤った噂を聞いてそれを鵜呑みにすることで、このようなイメージを生んでしまう。

2. 新世界では夜だけでなく朝っぱらからお酒を飲む人が多く、朝・昼・夜
問わず酔っ払いの陽気なおっちゃんが多く街の至る所にいる。その要因として安くて気軽にいける飲み屋が多いといった理由もありますが、
やはり新世界自体が朝っぱらから気兼ねなくお酒を飲める街である事も理由の1つである。

3. 飛田新地・ポルノ映画館・また路上や道端などにゴミが多く落ちていたり少し汚かったり、
昔を感じるノスタルジーな建物や非日常的な空間が他の地域と比べて多いため少し距離を感じてしまう。

実際は

今まで紹介した通り新世界には他にはない一日中楽しめて、美味しいお店や場所がたくさんあります。
ひと昔前は確かに安全と呼べる場所ではなかったかもしれませんが現在はお洒落なお店が多く、
観光客が国内外から毎日多く訪れすっかり日本の有名人気スポットになっています。

家族・カップル・女性同士あらゆる人達が新世界で当たり前に楽しんでおり、新世界は日本だけでなく
海外でも激熱な繁華街、観光地であり日本に来たら無視できないスポットとなっている。

これだけ魅力的なスポットがあるのに行かない手はない!!!

出店する
電話問合わせ