現在Wマーケットの会場である「新世界市場」は、約7割が空き店舗のいわゆるシャッター通りとなっています。
Wマーケットは、商店街のシャッター通りの活性化を目的に開催しています。

なぜ商店街を活性化させたいのか?

商店街、デパート、ショッピングモール、インターネットショップ…
商いの集合体の形は時代とともに変化していますが、商店街の持つ地域性の高さ、人情味、
そしてどこかノスタルジックな空間は、時代が変われど今なお魅力的に映ります。

そして膨大な時間の蓄積から生まれた商店街という独特の空間は、
どれだけお金をかけても、今から新しく作ることは出来ないと思います。

私たちWマーケットに出来ることは、この空間を『残す』ことだと考えました。

どのようにして活性化させるのか?

一過性のブームでは意味がない。『実質的』な活性化を。

『実質的』な活性化とは?
空き店舗に新たな商売(実店舗)が根付き、イベントがない普段の日でも商店街が賑わうこと

具体的には4つのステップを踏んで実質的な活性化を目指します。

ステップ1

毎週末の定期的な開催を「継続」することで、定期的に活気を生む

2019年11月現在、80回開催・定期開催1年8ヶ月目
2019年10月より毎週土曜日の夜に「新世界夜市」もスタート
毎週土日の定期イベントとして現在開催中

ステップ2

「毎週末、いつも賑わっている商店街」として話題を生み、『観光スポット』になる

イベント開催時平均動員数3000名
実店舗売上通常時比平均190%up

ステップ3

観光スポットとして商店街の認知度と価値を向上させ、外部から商店街空き店舗への新規参入を促進する

Wマーケット開始後、新規店舗8店舗参入

ステップ4

Wマーケットの出店者の中から1年間でお客様に最も応援されている人気店へ開業支援を行い、
「すでにファンを抱える人気店」として商店街空き店舗に誘致する

人気店1店舗へ実店舗開業支援
2019年10月オープン済み

期間は2年間。商店街活性化のモデルケースになりたい。

2020年まで、大阪「新世界市場」でWマーケットを開催し続け、
商店街活性化のモデルケースになりたい。

その後は、全国の商店街シャッター通りにWマーケットを展開していきたい。
※展開形態はあくまでWマーケット=weekend market(週末のマーケット)として。
プラスアルファで各地域に合ったコンセプトを都度企画。

Wマーケットの会場である「新世界市場」は
約7割が空き店舗のいわゆるシャッター通りとなっています。
Wマーケットは、商店街のシャッター通りの
活性化を目的に開催しています。

なぜ商店街を活性化させたいのか?

商店街、デパート、ショッピングモール、インターネットショップ…
商いの集合体の形は時代とともに変化していますが、商店街の持つ地域性の高さ、人情味、そしてどこかノスタルジックな空間は、時代が変われど今なお魅力的に映ります。
そして膨大な時間の蓄積から生まれた商店街という独特の空間は、どれだけお金をかけても、今から新しく作ることは出来ないと思います。
私たちWマーケットに出来ることは、この空間を『残す』ことだと考えました。

どのようにして活性化させるのか?

一過性のブームでは意味がない。『実質的』な活性化を。

『実質的』な活性化とは?
空き店舗に新たな商売(実店舗)が根付き、イベントがない普段の日でも商店街が賑わうこと

具体的には4つのステップを踏んで実質的な活性化を目指します。

ステップ1

毎週末の定期的な開催を「継続」することで、定期的に活気を生む

2019年11月現在、80回開催・定期開催1年8ヶ月目
2019年10月より毎週土曜日の夜に「新世界夜市」もスタート
毎週土日の定期イベントとして現在開催中

ステップ2

「毎週末、いつも賑わっている商店街」として話題を生み、『観光スポット』になる

イベント開催時平均動員数3000名
実店舗売上通常時比平均190%up

ステップ3

観光スポットとして商店街の認知度と価値を向上させ、外部から商店街空き店舗への新規参入を促進する

Wマーケット開始後、新規店舗8店舗参入

ステップ4

Wマーケットの出店者の中から1年間でお客様に最も応援されている人気店へ開業支援を行い、「すでにファンを抱える人気店」として商店街空き店舗に誘致する

人気店1店舗へ実店舗開業支援
2019年10月オープン済み

期間は2年間。商店街活性化のモデルケースになりたい。

2020年まで、大阪「新世界市場」でWマーケットを開催し続け、商店街活性化のモデルケースになりたい。
その後は、全国の商店街シャッター通りにWマーケットを展開していきたい。
※展開形態はあくまでWマーケット=weekend market(週末のマーケット)として。
プラスアルファで各地域に合ったコンセプトを都度企画。

W MARKET POINT 3

Wマーケット3ヶ条

W MARKET POINT 3

Wマーケット3ヶ条

体験至上主義

実際に見て触れて話して…
そして考え、
“選択する”

“応援”の可視化

本当に良いモノには
“応援”する。
そして世の中に
良いモノを増やす。

地域活性=新陳代謝

若い世代を呼び込み、
“未来”を創る。

体験至上主義

実際に見て触れて話して…
そして考え、”選択する”

“応援”の可視化

本当に良いモノには”応援”する。
そして世の中に良いモノを増やす。

地域活性=新陳代謝

若い世代を呼び込み、
“未来”を創る。